東京大学物性研究所・井上研究室

学会発表

口頭発表 | ポスター発表 | 招待講演

2021年度
日本化学会 第102春季年会(2022) 2022年3月23-26日 西宮
  1. Study on the dynamics of channel opening and closing of cation channelrhodopsin, C1C2
    Keiichi Inoue、Keisei Shibata、 Kazumasa Oda、Tomohiro Nishizawa、Yuji Hazama、Ryohei Ono、Shunki TakaramotoReza BagherzadehHiromu Yawo、Osamu Nureki、Hidefumi Akiyama
The International Chemical Congress of Pachific Basin Societies (Pacifichem) 2021 December 16-21, 2021 Online
  1. Red-shifting mutation of light-driven sodium-pump rhodopsin
    Keiichi Inoue、○Maria del Carmen Marin Perez、Sahoko Tomida、Ryoko Nakamura、Yuta Nakajima、Massimo Olivucci、Hideki Kandori
第59回生物物理学会年会 2021年11月25-27日 オンライン
  1. DTGロドプシンのX線結晶構造解析
    X-ray crystallographic analysis on DTG rhodopsin
    井上圭一、鈴木花野、今野雅恵Reza Bagherzadeh、Andrey Rozenberg、María del Carmen Marín、Oded Béjà、村田武士
  1. シグナルペプチドを持つMarine group II 古細菌由来Clade-Cロドプシンの分子特性
    Molecular properties of Clade-C rhodopsins with signal peptides derived from Marine Group II archaea (Ca. Poseidoniales)
    今野雅恵、Bu Xu、Apoorva Prabhu、Yang Liu、Meng Li、Oded Béjà、Chuanlun Zhang、Christian Rinke、Lu Fan、井上圭一
  1. Color Tuning of Microbial Rhodopsin Proteins: Combined Spectroscopic and QM/MM Modeling Studies
    Maria del Carmen Marin PerezKonno Masae、Laura Pedraza-Gonzalez、Luca De Vico、Massimo Olivucci、Keiichi Inoue
  1. 高温環境由来のアーキアから発見されたシゾロドプシンの熱安定性研究
    川﨑佑真今野雅恵井上 圭一
  1. レチナール光異性化酵素として働く動物ロドプシンの分光学的解析
    森本直也永田崇井上 圭一
第47回生体分子科学討論会 2021年6月4-5日 オンライン
  1. アスガルドアーキア由来の新奇光駆動型内向きプロトンポンプ:シゾロドプシンの機能・分光・構造研究
    井上 圭一、志甫谷 渉、今野 雅恵、樋口 晶光、但馬 聖也、古谷 祐詞、川﨑 佑真永田 崇八尾 寛、川村 出、神取 秀樹、濡木 理
2020年度
日本化学会 第101春季年会 (2021) 2021年3月19-22日 オンライン
  1. アスガルド古細菌の持つ新奇光駆動型内向きプロトンポンプ、シゾロドプシンの輸送メカニズム
    The molecular mechanism of light-driven inward proton pump, schizorhodopsin, from Asgard archaea
    井上 圭一、志甫谷 渉、今野 雅恵、樋口 晶光、但馬 聖也、古谷 祐詞、川﨑 佑真永田 崇八尾 寛、川村 出、神取 秀樹、濡木 理
  1. 新奇光受容タンパク質グループ・TATロドプシンの保存されたグルタミン酸残基の役割
    The role of glutamate residue specificially conserved among a new group of photo-receptive proteins, TAT rhodopsins
    萬年 健太郎永田 崇、戸叶 貴也、内橋 貴之、Oded Béjà、井上 圭一
  2. 好熱性古細菌由来シゾロドプシンMsSzRの熱安定性評価
    The thermal stability of MsSzR from thermophilic archaea
    川﨑佑真今野雅恵、Meng Li、Oded Béjà、井上 圭一
第10回日本生物物理学会関東支部会 2021年3月2-3日 オンライン開催
  1. Methanoculleus属古細菌由来シゾロドプシンの熱安定性評価
    川﨑佑真今野雅恵井上 圭一
日本生体エネルギー研究会第46回討論会2020金沢 2020年12月9-11日 金沢、オンライン開催
  1. 光駆動型内向きH+ポンプ型シゾロドプシンのH+輸送メカニズムの分光及び構造研究
    井上 圭一、志甫谷 渉、今野 雅恵、樋口 晶光、但馬 聖也、古谷 祐詞、川﨑 佑真永田 崇八尾 寛、川村 出、神取 秀樹、濡木 理
2019年度
日本化学会 第100春季年会 (2020) 2020年3月22-25日 野田
  1. ヘリオロドプシンの構造生物学的および物理化学的研究
    志甫谷 渉、○井上 圭一、Manish Singh、今野 雅恵、細島 頌子、山下 恵太朗、池田 健人、樋口 昌光、岡崎 早恵、井爪 珠希、橋本 真典、水鳥 律、富田 紗穂子、山内 夢叶、吉住 玲、片山 耕大、角田 聡、柴田 幹大、古谷 祐詞、Alina Pushkarev、Oded Béjà、内橋 貴之、神取 秀樹、濡木 理
    (開催中止)
日本生物物理学会 関東支部 (2020) 2020年3月2-3日 和光
  1. イオンチャネル型ロドプシンのポンプ機能転換
    長坂 勇次郎、細島 頌子、井上 圭一、神取 秀樹、八尾 寛
群馬大学理工学研究院大学院セミナー 2019年9月10日 桐生
  1. 光エネルギーで働く微生物型ロドプシンの新世界
    井上 圭一
第46回生体分子科学討論会 2019年6月21-22日 つくば
  1. 新奇ロドプシンファミリーSchizorhodopsin (SzR)による光駆動内向きプロトン輸送
    井上 圭一、角田 聡、Manish Singh、今野 雅恵、富田 紗穂子、中村 良子、渡辺 大輝、内橋 貴之、Rohit Ghai、Oded Béjà、神取 秀樹

2018年度
日本化学会第99春季年会 (2019) 2019年3月16-19日 神戸
  1. 新奇光駆動型内向きプロトンポンプ型ロドプシンSchizorhodopsin (SzR)の輸送メカニズム
    井上 圭一、角田 聡、Manish Singh、今野 雅恵、富田 紗穂子、中村 良子、渡辺 大輝、内橋 貴之、Rohit Ghai、Oded Béjà、神取 秀樹
大阪市立大学セミナー 2019年1月9日 大阪
  1. 微生物の持つロドプシンの多様な世界
    井上 圭一
日本生体エネルギー研究会第44回討論会 2018年12月6-8日 千葉
  1. 新奇光駆動型内向きプロトンポンプ型ロドプシンSchizorhodopsin (SzR)とその輸送メカニズムの分光研究
    井上 圭一、角田 聡、Manish Singh、今野 雅恵、富田 紗穂子、中村 良子、渡辺 大輝、内橋 貴之、Rohit Ghai、Oded Béjà、神取 秀樹
第三回ルミノジェネティクス研究会 2018年11月20-21日 遠刈田
  1. 第3のロドプシン・ヘリオロドプシン
    井上 圭一
第8回生体物理化学セミナー 2018年9月14日 岡山
  1. 「微生物型ロドプシン」と「深海・機械学習・聖書etc.」
    井上 圭一
物性研究所談話会 2018年8月23日 柏
  1. 光受容型膜タンパク質微生物型ロドプシンの機能の多様性の起源に迫る
    井上 圭一
細胞構成研究会 2018年7月10-11日 札幌
  1. 新奇ヘリオロドプシンの発見と光反応過程の分光研究
    井上 圭一
第45回生体分子科学討論会 2018年6月22-23日 大阪
  1. オプトジェネティクスに向けたナトリウムポンプ型ロドプシンの長波長化とそのメカニズム
    井上 圭一、María del Carmen Marín、中村 良子、中島 悠太、Massimo Olivucci、神取 秀樹
10th Optogenetics Research Conference July 5-6th, 2018 Tokyo, Japan
  1. Study on a new distinct family of rhodopsin, heliorhodopsin
    Keiichi Inoue, Alina Pushkarev, Manish Singh, Masae Konno, Sahoko Tomida, Shota Ito, Ryoko Nakamura, Satoshi P. Tsunoda, Oded Béjà, Hideki Kandori