東京大学物性研究所・井上研究室

main-centering

私たちの研究室では、微生物や動物のロドプシンファミリーをはじめとする、光のエネルギーで働くタンパク質のメカニズムについて研究を行っています。またそれらの知見をもとに生物を光で操作するオプトジェネティクスへの応用についても取り組んでいます。

当研究室で一緒に研究を希望される大学院生や博士研究員を常に募集しておりますので、興味のある方は「inoue*issp.u-tokyo.ac.jp (*を半角の@に変えてください)」まで、E-mailでお問い合わせください。

トピックス一覧を見る

  1. 2021年2月5日 研究業績のページを更新しました。 Bio-protocolにプロトコル論文"Ion transport assay of SzRs in E. coli cells"が掲載されました
  2. 2021年1月6日 研究業績のページを更新しました。 Optogenetics − Light-Sensing Proteins and Their Applications in Neuroscience and Beyondに"Diversity, Mechanism, and Optogenetic Application of Light-Driven Ion Pump Rhodopsins""Application of Optogenetics for Muscle Cells and Stem Cells"を寄稿しました
  3. 2020年12月25日 研究業績のページを更新しました。 生物工学誌「特集 ボトムアップ生物工学」に解説記事"光駆動タンパク質ロドプシンの分子機能エンジニアリング"が掲載されました