東京大学物性研究所・井上研究室

main-centering

私たちの研究室では、微生物や動物のロドプシンファミリーをはじめとする、光のエネルギーで働くタンパク質のメカニズムについて研究を行っています。またそれらの知見をもとに生物を光で操作するオプトジェネティクスへの応用についても取り組んでいます。

当研究室で一緒に研究を希望される大学院生や博士研究員を常に募集しておりますので、興味のある方は「inoue*issp.u-tokyo.ac.jp (*を半角の@に変えてください)」まで、E-mailでお問い合わせください。

トピックス一覧を見る

  1. 2024年1月11日 研究業績のページを更新しました。 The Journal of Physical Chemistry B誌に論文"CisTrans Reisomerization Preceding Reprotonation of the Retinal Chromophore is Common to the Schizorhodopsin Family: A Simple and Rational Mechanism for Inward Proton Pumping"が掲載されました>
  2. 2023年12月18日 研究業績のページを更新しました。 BMC Biology誌に論文"Functional Characterization of Four Opsins and Two G Alpha Subtypes Co-Expressed in the Molluscan Rhabdomeric Photoreceptor"が掲載されました
  3. 2023年10月27日 研究業績のページを更新しました。 Journal of Molecular Biology誌に論文"Multiple Roles of a Conserved Glutamate Residue for Unique Biophysical Properties in a New Group of Microbial Rhodopsins Homologous to TAT Rhodopsin"が掲載されました